2020年半年に1,000レース以上馬券を買ったら少しだけ儲かった話

約1年ぶりの更新です。

当初は細々と続けるつもりでしたが。

定期的に更新する、これが一番難しいのかもしれない。

 

さて、この今回の話の結論から言うと半年間1,000レース以上馬券を買ったらなんと

儲かってしまったという話です。

 

f:id:equinescience:20200624232833j:plain

今こんな顔してブログ書いてます。

 

下が2020年半年間馬券買い続けた収支結果になります。

JRAではIPATから投票した馬券はすべて電子記録されており、その投票履歴から収支がわかるようなサービスがあります。

その結果がこちら。

この記事を書いているのは6月24日水曜日。

あと1週で半年が終わるという頃です。

  

f:id:equinescience:20200629221836j:plain

 

 

f:id:equinescience:20200629222302j:plain

 

 

よかった。

逃げ切れました。回収率102%です。

レース的中率は約17%。

まあまあです。

 

個人的な反省点です。

単勝=購入点数が多かった。

  購入レース数は維持しつつ点数を減らしたい。

  足切り基準を設けたいですね。アイディアが思いつきません。

複勝=投票レース数増

馬連=投票レース数増

ワイド=投票レース数増

これを夏競馬以降改善していきたいですね。

 

 

◆ここからは(たまたま勝っていたので何とでも偉そうに言える)

蘊蓄語りなので興味のある方は見てやってください。

 

購入券種のお話です。

競馬を始めとしたギャンブルには「絶対」がありません。

それぞれに勝つ確率がなければギャンブルは成立しません。

 

ギャンブルにおいては「あるファン」が勝つときもあれば自身が勝つときもあるのです。(ここで言っている勝つとは投票額以上の払い戻しを得ることとします)

 

例えとして、ハルウララJRAレースに出走した場合、

そのすべてのレースを追って馬券を買うこととします。

負け続けたことで有名なハルウララですが、

レースに出ている以上ハルウララにも勝率は毎レース生じることになります。

勝たずとも入着する可能性はもっとあります。

 

トータルで勝つには自身が勝つ機会をいかに増やすか、が重要になってくるのです。

この勝つ機会を増やすにはまずは払い戻しを得る機会を増やすこと、

すなわち的中数を稼ぐ必要があります。

的中数を稼ぐ上では、

券種の特徴を踏まえたうえで購入券種を考えることが大切になってきます。

競馬は1レースにつき的中となる馬券は9種類しかありません。

年間約3,400レースしか行われていないJRAでは

これをいかに増やすかが重要になってくるのです。

仮にハルウララが健闘して2位入線。

でも単勝だけしか買っていなかったらせっかく馬が好走してくれてもすべてが水の泡。

競馬にはニアピン賞がありません。

アタリかハズレかの2択です。

無慈悲ですよね。そうなんです。

 

これをカバーするためには2位入線でも的中となる馬券を買っている必要があります。

ハルウララを本命、相手馬は総流しと想定した場合、

 

ハルウララが1着時は

単勝複勝枠連馬連馬単、ワイド(2点)、三連複、三連単の9点

ハルウララが2着時は

複勝枠連馬連馬単、ワイド(2点)、三連複、三連単の8点

ハルウララが3着時は

複勝、ワイド(2点)、三連複、三連単の5点

が的中したことになります。

 

まずこの単勝以外に買っている時点で的中する機会が増えているので、

なんとなくで券種を選んで買っている人、1つの券種に限って買っている人との差別化が図れます。

この単系の「攻め」と連系の「守り」のバランスを保ちながら

的中数を稼ぐことが重要だと思っています。

 

じゃあ一体何をどう買えばいいのか?

個人的には単勝複勝馬連、ワイドの4種をお勧めします。

理由は2つあって、1つ目は本命馬が1,2,3着だった時に

その馬券でしか取れない場合があり、それぞれの場合で効果的であるからです。

枠連は投票金額がほかの馬券と比べて売り上げ比率が低いことと、

総買い目数が少ない(最大で36通りしかない)ためよく出回っているAI予想に

恰好の漁場を独占されてしまう可能性が高いため買いません。 

 

2つ目に払戻率の違いです。

券種によりそれぞれJRAに差っ引かれる控除率が変わります。

どんなに優秀な予想でも買う前から構造上、不変の有利不利があるのです。

予想自体はよくてもほかの券種以上に回収できる見込みがない限り、

不利になってしまうのです。

そもそも馬券を買っている時点で「儲けよう」なんて不利そのものなんですが....

f:id:equinescience:20200625002319j:plain

 

ここまで蘊蓄を語りましたがどうでしょうか

今まで考えたこともなかった方や、予想はいい線いってるんだけど

買い方がいまいちで....という方は買い方について一度見直してみると面白いかもしれません。

 

 

 

P.S.

6月28日に今年の上半期JRA競走が終わり売得金の売上詳細が発表されました。

p.nikkansports.com

 

前年比101.5%だそうです。無観客競馬ある中で、です。

世間はコロちゃん騒動の中、だいぶ健闘しているのではないでしょうか?

自分自身も馬券は買ってはいますが売り上げ全体でいうと0.0001%になります。

JRAからすると微々たる金額でしょうが、

売り上げに貢献できていることは嬉しいことです。

 下半期もじゃんじゃん買っていきます。

 

ブログを読んでくれている方もじゃんじゃん馬券を買って

競馬会を盛り上げていきましょう。

 

 

ではまた。