香港2日目

香港沙田競馬場へは、銅鑼湾(コーズウェイベイ)からMTR (Mass Transit Railway)を利用して30分くらい、2本くらい乗り換えて馬場駅に到着。この時、ゲストハウスで知り合った外国人(名前を忘れてしまった..)が乗り換えに詳しくて助かりました。(十分怪しいとは思ったもののこれが外人のノリなのかなと、こちらもノリ気で行ってよかったのかも知れない。)

 

馬場駅。日本人には非常にわかりやすい表記だ。他に何を思い浮かべられるだろうか..?競馬場しかないでしょ..! 

ただ、駅着いて改札渡った時点では競馬場に来たとは思えないような、高層マンション街が。

 

f:id:equinescience:20170103205409j:image

 

競馬場へ行くであろうおじさんたちに着いて行くと馬像が。うん。それらしい。それらしいじゃないか。

f:id:equinescience:20170103205543j:image

 

この後非常に狭い道を通って行くと下には高速道路、その上を歩道橋があり皆その歩道橋を渡る。しばらく道なりに歩くと遠目にスタンドが見える。見晴らしのいい直線にでる。

 

f:id:equinescience:20170103205857j:image

f:id:equinescience:20170103205907j:image

f:id:equinescience:20170103205942j:image

 

お昼過ぎに到着。この時点でかなり人が多かった。熱心な競馬ファンが多くてどこか安心した。

入場門はゲートチックになっていて気分が上がる。ゲートに何が書いてあるのかわからなかったが、今回登場2回目 例の外人がコミュ力を発揮する。ビジター料金を無事払い、入場。

 

f:id:equinescience:20170103210302j:image

 

ゲートを通り、競馬場内をレース開始までしばらく徘徊してみることに。

f:id:equinescience:20170103210430j:image

サイレントウィットネス号(デビューから17連勝の記録を持ってる馬)の場像が飾られている。常設なのかは不明だがここでもテンションをあがてくれる。

f:id:equinescience:20170103210531j:image

香港版ターフィーにも合うことができた。ご利益もらったかも。これ、かなり精密に再現されているようだ(下半身があれでした)。

 

よし、ターフィー(仮)にも会えたし次はスタンド内を回ろうと思い府中競馬場と同じような出入り口を通りスタンド内へ。

f:id:equinescience:20170104113325j:image

スタンドへ入って早々、発見したのがオッズボックスのようなもの。なんだこれは。最低10香港ドルから買えるとパンフレットには書いてあったけど、窓口で聞いてみると20香港ドルからしか買えないとの一点張り。うーん仕方ない。今日一日は20香港ドル(為替、1ドル=15円くらい)のレートで馬券買うか..全く競走馬の知識なしに最低日本円で300円はでかいなと思いつつも渋々買うことに。

 

f:id:equinescience:20170104113703j:image

レーシングプログラムとマークカードをもらい、馬券購入。

f:id:equinescience:20170104113753j:image

薄っぺらい。ほんと何かに挟んでいたら一緒に捨ててしまいそうだ。馬券も買ったしパドック行くことになり(たぶん普通なら逆の流れ..) とにかく馬券買ってみたいという外人に押されて馬見る前に馬券を買ってしまった。

 

f:id:equinescience:20170104113924j:image

f:id:equinescience:20170104113933j:image

パドックはかなり開放的。雨天時はこの自動開閉式の屋根が機能するそう。こうゆうとこ、観客思いに作られているなぁと感じた。

 

パドックを周回する馬をしばらく眺め、発走10分くらい前になりと騎手が騎乗して返し馬へ。その流れで本馬場へ移動。

本馬場へ続く通路を行くと、向かいにはおしゃれなバーカウンターが

f:id:equinescience:20170104114454j:image

寄って行きたい気持ちを押しこらえ、本馬場

 

  f:id:equinescience:20170104114638j:image

f:id:equinescience:20170104114401j:image

 

観客席へ着いたところでビールを購入。

美味かった

f:id:equinescience:20170104114734j:image

 

レースも見たし、もう少しスタンド内を回って見るかな

f:id:equinescience:20170104114857j:image

f:id:equinescience:20170104114909j:image

f:id:equinescience:20170104115124j:image

 

 

スタンド内からパドック全体を眺めることができる。

f:id:equinescience:20170104114929j:image

 

奥ではスポンサーであるロンジンの宣伝をバックに撮影会をやっていた。

f:id:equinescience:20170104115037j:image

 

レースも終わり、夜になると雰囲気が出てくる。個人的に、この感じ好き。愛すべき眺め。

f:id:equinescience:20170104115228j:image

f:id:equinescience:20170104115445j:image

 

 

 最後にはショーを見て香港競馬視察は終了。

f:id:equinescience:20170104115627j:image

また行きたい思える香港遠征でした。