2020年半年に1,000レース以上馬券を買ったら少しだけ儲かった話

約1年ぶりの更新です。

当初は細々と続けるつもりでしたが。

定期的に更新する、これが一番難しいのかもしれない。

 

さて、この今回の話の結論から言うと半年間1,000レース以上馬券を買ったらなんと

儲かってしまったという話です。

 

f:id:equinescience:20200624232833j:plain

今こんな顔してブログ書いてます。

 

下が2020年半年間馬券買い続けた収支結果になります。

JRAではIPATから投票した馬券はすべて電子記録されており、その投票履歴から収支がわかるようなサービスがあります。

その結果がこちら。

この記事を書いているのは6月24日水曜日。

あと1週で半年が終わるという頃です。

  

f:id:equinescience:20200629221836j:plain

 

 

f:id:equinescience:20200629222302j:plain

 

 

よかった。

逃げ切れました。回収率102%です。

レース的中率は約17%。

まあまあです。

 

個人的な反省点です。

単勝=購入点数が多かった。

  購入レース数は維持しつつ点数を減らしたい。

  足切り基準を設けたいですね。アイディアが思いつきません。

複勝=投票レース数増

馬連=投票レース数増

ワイド=投票レース数増

これを夏競馬以降改善していきたいですね。

 

 

◆ここからは(たまたま勝っていたので何とでも偉そうに言える)

蘊蓄語りなので興味のある方は見てやってください。

 

購入券種のお話です。

競馬を始めとしたギャンブルには「絶対」がありません。

それぞれに勝つ確率がなければギャンブルは成立しません。

 

ギャンブルにおいては「あるファン」が勝つときもあれば自身が勝つときもあるのです。(ここで言っている勝つとは投票額以上の払い戻しを得ることとします)

 

例えとして、ハルウララJRAレースに出走した場合、

そのすべてのレースを追って馬券を買うこととします。

負け続けたことで有名なハルウララですが、

レースに出ている以上ハルウララにも勝率は毎レース生じることになります。

勝たずとも入着する可能性はもっとあります。

 

トータルで勝つには自身が勝つ機会をいかに増やすか、が重要になってくるのです。

この勝つ機会を増やすにはまずは払い戻しを得る機会を増やすこと、

すなわち的中数を稼ぐ必要があります。

的中数を稼ぐ上では、

券種の特徴を踏まえたうえで購入券種を考えることが大切になってきます。

競馬は1レースにつき的中となる馬券は9種類しかありません。

年間約3,400レースしか行われていないJRAでは

これをいかに増やすかが重要になってくるのです。

仮にハルウララが健闘して2位入線。

でも単勝だけしか買っていなかったらせっかく馬が好走してくれてもすべてが水の泡。

競馬にはニアピン賞がありません。

アタリかハズレかの2択です。

無慈悲ですよね。そうなんです。

 

これをカバーするためには2位入線でも的中となる馬券を買っている必要があります。

ハルウララを本命、相手馬は総流しと想定した場合、

 

ハルウララが1着時は

単勝複勝枠連馬連馬単、ワイド(2点)、三連複、三連単の9点

ハルウララが2着時は

複勝枠連馬連馬単、ワイド(2点)、三連複、三連単の8点

ハルウララが3着時は

複勝、ワイド(2点)、三連複、三連単の5点

が的中したことになります。

 

まずこの単勝以外に買っている時点で的中する機会が増えているので、

なんとなくで券種を選んで買っている人、1つの券種に限って買っている人との差別化が図れます。

この単系の「攻め」と連系の「守り」のバランスを保ちながら

的中数を稼ぐことが重要だと思っています。

 

じゃあ一体何をどう買えばいいのか?

個人的には単勝複勝馬連、ワイドの4種をお勧めします。

理由は2つあって、1つ目は本命馬が1,2,3着だった時に

その馬券でしか取れない場合があり、それぞれの場合で効果的であるからです。

枠連は投票金額がほかの馬券と比べて売り上げ比率が低いことと、

総買い目数が少ない(最大で36通りしかない)ためよく出回っているAI予想に

恰好の漁場を独占されてしまう可能性が高いため買いません。 

 

2つ目に払戻率の違いです。

券種によりそれぞれJRAに差っ引かれる控除率が変わります。

どんなに優秀な予想でも買う前から構造上、不変の有利不利があるのです。

予想自体はよくてもほかの券種以上に回収できる見込みがない限り、

不利になってしまうのです。

そもそも馬券を買っている時点で「儲けよう」なんて不利そのものなんですが....

f:id:equinescience:20200625002319j:plain

 

ここまで蘊蓄を語りましたがどうでしょうか

今まで考えたこともなかった方や、予想はいい線いってるんだけど

買い方がいまいちで....という方は買い方について一度見直してみると面白いかもしれません。

 

 

 

P.S.

6月28日に今年の上半期JRA競走が終わり売得金の売上詳細が発表されました。

p.nikkansports.com

 

前年比101.5%だそうです。無観客競馬ある中で、です。

世間はコロちゃん騒動の中、だいぶ健闘しているのではないでしょうか?

自分自身も馬券は買ってはいますが売り上げ全体でいうと0.0001%になります。

JRAからすると微々たる金額でしょうが、

売り上げに貢献できていることは嬉しいことです。

 下半期もじゃんじゃん買っていきます。

 

ブログを読んでくれている方もじゃんじゃん馬券を買って

競馬会を盛り上げていきましょう。

 

 

ではまた。

18年馬券購入結果/来年に向けて

さて、2018年もあとわずか。

今年の競馬はどうでしたか。

と書くつもりが気が付いたら年が明けていた。

 

2018年、個人的には武豊通算4千勝達成、オジュウチョウサン有馬記念出走、角居厩舎解散発表、藤田菜七子女性騎手最多勝記録達成、が印象に残っている。

 

 馬券はというと。。。

18年は7月から買い方を変えたことが吉と出てプラス収支で終えることができた。

 

1回中山1回京都 2 2,700 0 0%   2 0 0%  
1回東京2回京都 2 15,400 8,170 53% 28 8 29%
2回中山1回阪神 8 110,700 176,480 159% 104 17 16%
3回中山2回阪神 8 160,800 92,750 58% 112 17 15%
2回東京3回京都 11 264,000 205,660 78% 175 29 17%
3回東京3回阪神 8 164,900 131,810 80% 114 15 13%
2回福島3回中京 8 112,800 114,400 101% 53 10 19%
2回新潟2回小倉 12 264,700 530,080 200% 98 9 9%
4回中山4回阪神 10 113,900 322,800 283% 54 12 22%
4回東京4回京都 9 199,400 337,400 169% 68 14 21%
5回東京5回京都 8 147,600 206,960 140% 55 6 11%
5回中山5回阪神 6 160,300 145,580 91% 51 8 16%
トータル 92 1,717,200 2,272,090 132% 914 145 16%

 

年間プラス収支達成。やったぞ。

 

来年こそはもっと購入額増やそうと考えてみるも、小心者の自分には勇気がいる。

儲かったから翌年レート増やしてみるも大負けなんてのはよくあること。

何があるかわからない。

効率的な買い方については勝ち馬予想と並んで永遠のテーマなのでもう少し悩んでみたいと思う。

熊本1日目

2ヶ月ぶりに更新。

 

今回は、あてもなくぶらつく旅したいと思い熊本へ行くことに。

仕事の関係で関西住んで2年目。せっかく関西いるんだし今できることをしとこうと、九州旅行を計画。

大学時代の友人が熊本住みということもあり、これは行くしかないと

友人に突然のライン 最初は博多にしておこうと思ったが、その場合熊本住みの友人はわざわざ片道1時間半くらいかけてくるというじゃないか。 時間とお金もったいないからと熊本行きに予定変更。

予定を立ててる時点で予定がコロコロ変わる。

このその場任せな感じ楽しい

 

博多から熊本までは新幹線で40分ほど。

まあそこまで遠くないからいいか

姫路から熊本まで山陽新幹線さくらN700系で乗り換えなしでいける。3時間ちょっとでいけるあたり2日間旅行にはちょうどいい。

乗り換えなしでいけるのが嬉しい 

前日夜に新幹線ホームで人身事故があり、運休した列車もあり翌日が心配だったが、当日来てみれば通常通り運行していて助かった。

今年は前厄の年。色々と災害に足止め食らうことが本当多い。

 

まあ何はともあれ、無事に姫路を出発。熊本には時間通り11時半頃到着。友人には無事に合流でき昼飯を食べに行くことに。

 

気になる熊本ぐるめは事前に抑えていた。

まず最初に食べたのは文龍の熊本ラーメン

f:id:equinescience:20181022230053j:image

これ、見た目はひどいけどめちゃくちゃうまい。今まで食べたことがないくらいに濃厚な豚骨らーめん。油まみれ。テーブルには油と刻みニンニクを混ぜた調味料がどかっと置かれている。

熊本県民はこれが好きらしい。

匂いは何だろう...一言で言うととても臭い。

 

けどラーメンに入れると思ってる以上にマッチする。早速熊本の味を堪能することができた。

ニンニク臭をプンプンさせながら、向かったのは上色見熊野座神社。

 

文龍から車で1時間くらい。ひたすら山道を進む。

f:id:equinescience:20181022231038j:image

駐車場に着いた時点で、かなりの車が止まっている。

こんな辺鄙なところによく来るな...とは思いつつ神社へ向かうことに。

f:id:equinescience:20181022231018j:image

紅葉の合間見て雰囲気ある。

いいじゃんいいじゃん こうゆうの好きなんだよ。

奥へ進むと鳥居。灯篭が見える。

インスタでよく見る構図の写真が取れてしまった。

f:id:equinescience:20181022231412j:image

ここはパワースポットとしても有名。

うん なんとなくわかる。 

 

本殿の奥の細道を登ると穿戸岩(うげといわ)が見える。

f:id:equinescience:20181022232116j:image

うーんこの構図は神秘的。

f:id:equinescience:20181022232159j:image

 

この後は、途中競馬中継を見ながら移動。

熊本駅方面帰路の途中に大観峰へ向かうことに。

 

f:id:equinescience:20181022232400j:image

大観峰へ向かう途中。

阿蘇は山が綺麗。いつまでも眺めていられる。

 

 

大観峰には1時間かけて到着。

高台では阿蘇を360度見渡せる。

写真はパノラマで撮影。よく撮れた。

f:id:equinescience:20181022232553j:image

 

大観峰の後はミルクロードを通り、今日予約している熊本駅近くのホテルへ。

荷物を置いた後、繁華街へ繰り出した。

 

続く。

2018年途中経過

久しぶりに更新。

 

今年の3月から購入式作り直して買ってきた馬券の結果報告です。

8月5日でやっと黒字化になりました。

4,5,6月といいとこなしでしたが、7,8月と上調子。

f:id:equinescience:20180808222446j:plain

 

 

競馬場ごとの回収率。

10場中、5場赤字。まだまだですねー。

f:id:equinescience:20180808222457j:plain

 

 

 

今日は過去ログで面白い書き込みあったので紹介。

JRA控除率は2014年6月7日から変更となりました。

オッズ計算式も複雑だったものがシンプルになりました。

f:id:equinescience:20180808225843j:plain

f:id:equinescience:20180808230005j:plain

f:id:equinescience:20180808230018j:plain

 

計算式が変わったことにより単勝馬連でもおいしい思いをする機会が増えるようです。

馬連職人 あぁ万歳。

f:id:equinescience:20180808231230j:plain

accessメモ #4

JRDBから基準オッズやIDM、蹄などのデータを馬王に反映させてみたいと思います。

 

DBmanから過去データを取り込み

f:id:equinescience:20180219213023j:plain

 

次に馬王ファイルの中にあるBaoZAccessファイルを開く

f:id:equinescience:20180219213339j:plain

 

Accessファイルの中の外部データ>新しいデータソース>データベースから>Accessを選択

f:id:equinescience:20180219213540j:plain

 

 

インポートするテーブル選択画面が表示されるのでD競走馬データ、D成績データを選択。

D競走馬データは競走馬単位でのデータが格納されています。

D成績データは気配コードをとってくるためにインポートしています。

 

これは毎週月曜に成績データの更新、開催日前日夜のタイミングで予想データ配信されるので一度、インポート済のデータを削除。

次にインポートでデータの入れ替えを行います。

accessメモ #3

2か月のぶりの投稿になります。

今回はタイトルの通りaccessメモをつらつらと書いていきます。

最近になってデータベースが壊れてしまい、キーワードも消えてしまうという悲劇...

(バックアップ取っておけばいいんですが)

そんな時にここ見れば労力つかわないで登録していけるかなと思い忘備録代わりに。

今回はJRDBのデータを引っ張ってくるキーワードが含まれています。

サブクエリーを使う式がほとんど。サブクエリーが使えればかなり幅が広がると思います。

 

◆カスタムキーワード

上から順に対象テーブル、カスタムキーワード名、計算式になります。

//はコメント記号で//以降に書いた文は、その行の最後まではコメント(注釈)とみなされ、削除して実行されるのでSQL文の実行には影響を与えない。

 

出走馬T

競走成績キー //JRDBのコードと同様のコードをさK巣栄する必要があるため作成

RIGHT(出走馬T.血統登録番号,8) & FORMAT(出走馬T.年月日,"yyyymmdd")

 

出走馬T

前走1競走成績キー //気配コードを参照する際に使用

SELECT D競走馬データ.前走1競走成績キー

FROM (レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)

LEFT JOIN D競走馬データ ON S.競走成績キー=D競走馬データ.競走成績キー

WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード

AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

出走馬T

IDM

SELECT D競走馬データ.IDM //IDMは全角英数なので注意

FROM (レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)

LEFT JOIN D競走馬データ ON S.競走成績キー=D競走馬データ.競走成績キー

WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード

AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

出走馬T

基準オッズ

SELECT D競走馬データ.基準オッズ

FROM (レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)

LEFT JOIN D競走馬データ ON S.競走成績キー=D競走馬データ.競走成績キー

WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード

AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

出走馬T

馬主会

SELECT C場.場

FROM *1
異常区分コード not between 1 and 3

レース 過程値b合計 
int(sum(過程値b)*10)/10

出走馬 調節値 
abs( (100.1-過程値b合計)*10)
異常区分コード not between 1 and 3

出走馬 勝率 
IIF(頭数<調節値,過程値b+int( ( (調節値-0.1*頭数)/頭数/10)*10)/10,
IIF(頭数<調節値,過程値b-int( ( (調節値-0.1*頭数)/頭数/10)*10)/10,
IIF( (過程値b合計<100) and (IDM順位>(頭数-調節値)),過程値b+0.1,
IIF( (過程値b合計>100) and (IDM順位<(頭数-調節値)),過程値b-0.1,過程値b))))
異常区分コード not between 1 and 3

 

*1:レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)

LEFT JOIN D競走馬データ ON S.競走成績キー=D競走馬データ.競走成績キー)

LEFT JOIN C場 ON D競走馬データ.馬主会コード=C場.場コード

WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード

AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

出走馬T

蹄コード

SELECT D競走馬データ.蹄コード

FROM (レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)

LEFT JOIN D競走馬データ ON S.競走成績キー=D競走馬データ.競走成績キー

WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード

AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

出走馬T

SELECT C蹄.蹄

FROM (レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)

LEFT JOIN C蹄 ON S.蹄コード=C蹄.蹄コード

WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード

AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

※蹄を1つのキーワードで表示させたい場合

SELECT C蹄.蹄
FROM ((レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)
LEFT JOIN D競走馬データ ON S.競走成績キー=D競走馬データ.競走成績キー)
LEFT JOIN C蹄 ON D競走馬データ.蹄コード=C蹄.蹄コード
WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード
AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

出走馬T

気配コード

SELECT D成績データ.気配コード
FROM (レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)
LEFT JOIN D成績データ ON S.前走1競走成績キー=D成績データ.競走成績キー
WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード
AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

出走馬T

気配

SELECT C気配.気配

FROM (レースT INNER JOIN 出走馬T AS S ON レースT.競走コード=S.競走コード)

LEFT JOIN C気配 ON S.気配コード=C気配.気配コード

WHERE S.競走コード=出走馬T.競走コード

AND S.馬番=出走馬T.馬番

 

IDM勝率計算式

 

レース IDM平均値a 
INT(AVG(IDM)*10)/10

レース IDM平均値b 
INT(AVG(IDM)*10)/10
IDM>IDM平均値a-20

レース 最低勝率 
INT(10/頭数*10)/10

出走馬 過程値 
IIF( (IDM-IDM平均値b+14)<=0,"0",INT( (IDM-IDM平均値b+14)^4*10)/10)
異常区分コード not between 1 and 3

レース 過程値合計 sum(過程値)

出走馬 過程値a 
INT(過程値/過程値合計*100*10)/10
異常区分コード not between 1 and 3

出走馬 過程値b 
IIF(異常区分コード between 1 and 3,0,IIF(過程値a<最低勝率,最低勝率,INT(過程値/過程値合計*100*10)/10

accessメモ #2

前回もaccessメモとして投稿はしましたが、これがどのように表示されるものなのか紹介したいと思います。(遅いけど...)

 

紹介するのは前回書いたこれ。

Format(オッズ取得時刻, 'オッズhh:nn ') & (SELECT IIf(Sum(金額) Is Null, '', ' 投票' & Format(Sum(金額),'#,###円') &

accessメモ - equinescience diary

これをレース>ステータスバーの表示で貼り付け。

f:id:equinescience:20170811103848j:plain

 

こうすると下のように券種別に売上比率が表示される。

ちなみにこの画面は先週のレパードステークスのもの。

f:id:equinescience:20170811104028j:plain

 

このコードは馬王の過去ログから見つけました。

これ考えた人たちってクリエイティブですよね。ほんとすごいわ。

このコードを参考に色々とできそうですよね。

 

ではまたー